3月21日 同行避難講習会が開催されました

 もし今、お住まいの場所で大きな災害がおこり、家を離れて避難をしなければならないとして、一緒に暮らす犬や猫はどうしますか?

 2018321日(水・祝)、岡山市北区御津の岡山県動物愛護センター愛護館で、家族である犬、猫との避難について考える「同行避難講習会」が開催されました。

 当日はわんぱーくから巣立っていったワンちゃんたちの同窓会「わんわん倶楽部」も開催される予定でしたが、あいにくの降り続いた雨のため「わんわん倶楽部」は順延となってしまいました。

 それでも、その雨の中、この講習会に参加してくださった里親様もおられ、やはり大切な犬猫を家族に持つ方にとって関心の高いテーマなのだと思いました。

 岡山県動物愛護財団國近事務局長のご挨拶のあと、講師の愛護財団インストラクター猶原さんより、現在の避難所で想定される犬・猫に対する受け入れのようすや、犬・猫と一緒に避難する飼い主に求められる責任、周囲の方との関わり方の心得などのほか、避難する時に持っていくべき犬・猫のための水・フード・備品など、平常時の今すぐにでも準備が必要なことをたくさんお話いただきました。


 なかでも自分の住んでいる地域で指定される避難所へ、犬・猫の同行避難ができるのかや、避難する方法(徒歩?車?)などは家族みんなで考えて知っておく必要があると思いました。また、地域で避難訓練があった場合に、可能なら犬・猫とともに参加できればいいなと思いました。

 

 また、同行避難の講習のあと、犬が気持ちを相手に伝えるため発信しているボディランゲージについても、たいへん役立つお話をお聞きできました。動物愛護センター・愛護財団の皆様、及びご参加いただいた里親の皆様、ありがとうございました。                           

 

 ちなみに、会場にいた講師猶原さんのワンちゃんであり、ボランティア犬でもあるCoume(こうめ)ちゃんが最強に可愛かったです。

 

記 吉田 照明



犬猫お世話ボラさん急募中

急募チラシ・告知よろしくお願いいたします
ボランティア募集5.jpg
JPEGファイル 982.2 KB

岡山県動物愛護センター

見学会