3月21日 第1回わんぱーく同窓会「わんわん倶楽部」開催

3月21日(月、祝日) 土曜日までの雨があがり澄み切った青空の下、イチゴ狩りで賑わう農マル園芸吉備路農園にて、第1回わんぱーく同窓会 「わんわん倶楽部」が行われました。

 

今年で丸5年となるわんぱーくの卒業犬たちが、彼らに安心と安らぎを与えて下さった里親さんと共に続々と集まってきます。 

 

当初 開催出来るほど参加があるだろうか?と心配。 ところが…26組 28頭の申し込みを頂き、急遽二部構成に変更! 実施にあたり我々が一番危惧したことは… 由緒正しきMix犬 しかも半端ないビビりの犬多数。それが10頭以上集まって果たして楽しくなんて出来るのか? あちこちでワンワン ガウガウ 里親さんも抑えるのにバタバタ…なんて光景が脳裏を占める。 それにイチゴ狩りで賑わう園内で一般来場者やドッグランに遊びに来たワンコ達とトラブルは起こらないだろうか?などなど。スタッフ一同緊張して参加者とワンコを迎えました。  

 

ところが 安心できる家族ができ優しさに包まれて暮らすと、こんなにも変わるのか?というくらい落ち着いて静か。(勿論知らない場所で緊張して固まってるこもいましたが。)  会は茶本代表の引き取った当時の様子を1頭ずつ紹介するという神業に始まり、「わんぱーく」への関心と理解を深めていただくため「わんぱーく検定」なるものを実施。また「親バカ全開我が子自慢」を1分でお話し頂きました。里親さん達の恥ずかしがりながらの言葉の一つ一つには沢山の愛おしさが溢れていて笑顔が咲いていました。フリー交流会ではワンコの方が積極的だったり(笑)里親さん同士も移動しながら犬談義を楽しんで下さいました。集合写真撮影では、ワンコがお尻を向けていたり隠れたりと大騒ぎ。カメラマンも必死でした。

 

里親さんからは「どうしようかと迷ったが、来て良かった!」「みんなお利口さんでびっくりです」←スタッフが一番びっくりしてますから(笑) 「また次も絶対参加しますから」「こんな楽しい集いをありがとうございました」などなど疲れも吹き飛ぶ声を頂き、笑顔での閉会となりました。

 

今回の参加賞や景品は支援してくださる玉野のOCファームさんからの提供のオヤツだったり、バザーへの提供玩具の余りだったり、ボラ仲間手作りの物だったり、里親さんが寄付して下さったバンダナだったりと、多くの支援者様からのご厚意が無ければ開催出来ませんでした。末文ではありますが厚く感謝いたします。ありがとうございました。


さぁ 次はどんな「わんわん倶楽部」にしようか…  おっとその前に「にゃんにゃん倶楽部」の企画を考えなければ(笑)

 

◎当日、里親様からいただいたご寄付等を下記の通りご報告させていただきます。
保護犬・猫のために大切に使わせていただきます。ありがとうございました!

犬舎、ペットシート、寄付金3,000円、わんわん倶楽部用バンダナ多数

募金 3,602円

犬猫お世話ボラさん急募中

急募チラシ・告知よろしくお願いいたします
ボランティア募集5.jpg
JPEGファイル 982.2 KB

岡山県動物愛護センター

見学会