岡山市動物愛護フェスティバルに参加しました

 1023日(日)9301500 毎年開園前に沢山の行列が出来るほど賑わいを見せる

「岡山市動物愛護フェスティバル」に、今年も参加させていただきました。

 

 イベントの中で私たちは犬・猫を取り巻く現状を知ってもらうなど啓発活動を行っているのですが、小さいお子さん連れのご家族が多く来場されることもあり、シェルターで保護・飼養していて里親さんが決まっていない個体に名前をつけてもらうという催しを合わせて行いました。

 

 来場している子供たちに「飼い主になったつもりで名前をつけてみませんか?」と声をかけると、目を輝かせて「やりたい!やりたい!」と答えてくれ、お目当ての犬・猫を選んでくれます。

 

 動物は好きなんだけど、今住んでいる家では飼えないから良い思い出になりました。と言ってくださるご家族もいらっしゃり、選んだ犬・猫の写真を前に真剣に名前を考えてくれるその姿を見ながら、もしも動物を飼うことが現実になった時のワクワクや、ドキドキはどれほどのものだろうと想像しました。

 

 来場者の中には「ボランティアのことが知りたくて来ました。」という小学生の方もいらっしゃいました。

 こうしたイベントを通して動物と人間の共存を小さい時から体験を通して学ぶことで、将来動物を飼うことになった時に適正飼養が出来るような種を子供たちの心の中にまくことが出来ていたら、不幸な命を少しでも減らすことにも繋がると思いました。

 

 動物を連れて入場することは出来ませんが、イベント会場ではベテラン訓練士さんによる「犬のしつけ教室」も毎年開催されています。子供だけでなく大人の方も次回是非足を運んでいただき、ご自宅で飼われている犬のしつけの参考になさってみてはいかがでしょうか?