11月25日 財田小学校講演会

2015年11月25日(水曜日)

 校時をお借りして五年生 85名を対象に茶本代表が「命の授業」をさせて頂きました。

 この日は15℃を下回る寒さでしたが子供たちは体操座りで最後までシッカリと聞いてくれました。

 保健所や愛護センターに収容された犬猫がどうなるのか、処分される犬の中には迷子になって飼い主さんに探してもらえないこが沢山いること、最後まで責任を持って飼うことなど、今回は小学生ということもあり「知ってる人は? 聞いたことがある人?どう思う?」等々問いかけを交えて話を進めていきましたが、犬猫を飼っている生徒も多く活発な意見も出て良い授業になったと思います。

 講演会で必ず使う「ハルの日」というDVDでは咳一つなく85人の真剣な瞳が見つめていたのが印象に残りました。

 最後に茶本代表は「困っている小さな命があれば手を差し伸べて下さい!近くで困っているお友達がいれば助けてあげて下さい!」と締めくくりました。

 今回のお話が子供たちの心に小さな種を蒔いてくれたら嬉しく思います。