8月2日農マル園芸ミニパネル展報告

農マル園芸吉備路農園にて、幸せの架橋さん、個人ボラさんの譲渡会とコラボして、2回目のミニパネル展をさせていただきました。

殺処分のことは知っていたけど、ステンレスのボックスの用な所に追い込まれ、安楽死ではなくガスによる窒息死だとは知らなかった。
こんな悲しいことに自分達の税金が使われているなんて、考えたこともなかった。
保健所や愛護センターに自分の犬猫を連れ込む(現在は拒否できるようになったけど)人に負担させるお金は、もっと高い金額にして、安易に連れ込ませないようにするべきでは?
自分の家族として一緒に暮らしてきた犬猫がいなくなっても探さない、病気や年をとったからと連れ込む人は、どんな気持ちでいるのか…?

このパネル展を見てくださった方からの声です。

この悲しい現実を知っていただくことで、殺処分ゼロを実現するために、自分にできることを探して行動してもらえるよう、これからも啓発活動に力を入れていきたいと思います。

犬猫お世話ボラさん急募中

急募チラシ・告知よろしくお願いいたします
ボランティア募集5.jpg
JPEGファイル 982.2 KB

岡山県動物愛護センター

見学会