活動報告

2018年

5月

16日

第3回 わんわん倶楽部を開催いたしました

 430日(月・振休)岡山県動物愛護センターで開催した「第3回 わんわん倶楽部」の様子についてご報告いたします。

続きを読む

2018年

5月

01日

百間川フェスティバル

 平成30年4月22日(日曜日)、岡山市中区東川原地内 百間川緑地ワイワイ広場で「第21回百間川ふれあいフェスティバル」が、青空のもと、開催されました。

 時折、風はあるものの夏の暑さを予感させる気温の中で、開催時間前からとても沢山のお客様でフェスティバルが始まりました。

 

 わたしたちNPO法人犬猫愛護会わんぱーくは、チャリティーバザーで参加しました。「せとうちライオンズクラブさん」のご厚意により毎年声を掛けて頂いています(いつもありがとうございます)。


続きを読む

2018年

5月

01日

譲渡報告_2018年4月

 4月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は10匹でした。

 仔犬にたくさんの出逢いがありました!

 やんちゃぶりに手を焼くことも多いでしょうが、日々の成長がたくさんの幸せを与えてくれることと思います。

 

  皆さまはゴールデンウイークどのようにお過ごしでしょうか。

 わんぱーくでは、30日に「わんわん倶楽部」を開催しました。たくさんの卒業わんこが里親さんと一緒に参加して、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 (この様子は、後日活動報告で詳しく報告させていただきます)

 

 今月の背景は、今まさに満開のつつじをバックに、この「わんわん倶楽部」で再会した"たろう”と"ようこ(現在名ムーコ)”を載せました。

 仔犬の場合は、その可愛さですぐに卒業していく仔が多いですが、この2匹は長い間シェルターで一緒に過ごしていた仲です。

 今では、それぞれの里親さんと一緒に幸せに暮らしている・・・そのことを報告しあって喜びあっているように見えました。

 人間の勝手な解釈なのでしょうが、その様子にちょっと泣きそうになってしまいました

(^_^;)

 

 譲渡会には、すべての成犬を連れていくことができませんが、情報提供を行っていますので、是非足をお運びください。

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

4月

02日

譲渡報告_2018年3月

 3月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は3匹でした。

 出逢いが少なかったことは残念ですが、新生活の始まる4月、新たな出逢いを求めて、是非譲渡会をのぞいてみてください!!

 

  今年は、桜の開花が早かったですね。お花見に連れて行ってもらったわんこの写真も送られてきています🌸

  

 今月の背景は、シェルターのにゃんこです。

 寒いときは、お布団の上で団子状態でいることが多いにゃんこ達ですが、ぽかぽかしてくるとこんなふうに日向ぼっこしています。

 外を眺めながらうとうとしていても、写真を撮ろうとするとカメラ目線になってくれます・・・単に警戒して睨まれているだけですけどね(-_-;)

 上から、おんぷ(2017.5月入所)・ひまわり(2016.7月入所)・大吉(2014.5月入所)です。

 君たちの赤い糸はどこで絡まっているんだろうね・・・

 でも、大丈夫!卒業するその日まで、しっかりお世話させていただきますよ♡

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

3月

26日

3月21日 同行避難講習会が開催されました

 もし今、お住まいの場所で大きな災害がおこり、家を離れて避難をしなければならないとして、一緒に暮らす犬や猫はどうしますか?

 2018321日(水・祝)、岡山市北区御津の岡山県動物愛護センター愛護館で、家族である犬、猫との避難について考える「同行避難講習会」が開催されました。

 当日はわんぱーくから巣立っていったワンちゃんたちの同窓会「わんわん倶楽部」も開催される予定でしたが、あいにくの降り続いた雨のため「わんわん倶楽部」は順延となってしまいました。

 それでも、その雨の中、この講習会に参加してくださった里親様もおられ、やはり大切な犬猫を家族に持つ方にとって関心の高いテーマなのだと思いました。

続きを読む

2018年

3月

02日

譲渡報告_2018年2月

 2月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は8匹でした。

 わんこにたくさんの出逢いがありました。

 

 仔犬仔猫にまじって、今月は「こごめ」に家族ができました\(^o^)/

 こごめは、2016年6月に3匹一緒にわんぱーくに来ました。8月と10月に他の2匹が卒業していく中、こごめにはなかなか出逢いがありませんでしたが、ようやく長かった赤い糸を手繰り寄せることができました。

 今月の背景は、この3匹がシェルターにいた時の写真です。(^^)

 

 一緒にシェルターで仲良く遊んでいた仔たちも、それぞれ新しい家族と出逢いバラバラになっていきますが、ボランティアさんが里親になった仔がシェルターに遊びに来ることがあります。

 ここで過ごした時間を、よい想い出として思い出してくれていたら嬉しいです♡

 

 里親さんとわんぱーくはこれからもよいご縁でつながっていけたらと願っています。そんな活動のひとつとして、2月は卒業にゃんこの同窓会を行いました。(様子は活動報告をご覧ください)

 3月はわんこの同窓会です。とても楽しみにしています!

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

2月

26日

第三回わんぱーく同窓会「にゃんにゃん倶楽部」開催

  寒さが少し落ち着いた225日、今年もわんぱーく「卒業にゃんこ」の同窓会を開催しました。

 参加は里親さんが代理出席です!

 

 里親さんとボランティア合わせて20名を越える「ねこ好き」が集う中、最初に茶本代表から里親さんへの感謝の想いと殺処分の現状をお伝えし、更に、参加した9匹のにゃんこが里親さんに出逢うまでのエピソードをお話ししました。

 

 どの出逢いにも、ドラマと感動があります。

 

  なかなか里親さんが決まらなかった仔に、ひとめぼれで引き取りを即決された里親さん。

 

  過去にトライアルしたものの馴染めずに戻された仔が、会った瞬間からべったりな関係になる出逢い。

 

  いぬ派だったにも関わらず、障害を持った2匹を迎えてくれたお父さんお母さんとの出逢い。

 

 白血病、エイズ、多頭飼育の崩壊・・・

 

 話を聞きながら「不思議な縁」「赤い糸」を感じずにはいられませんでした。


続きを読む

2018年

2月

06日

譲渡報告_ごめんなさい!追加バージョン

 12月の譲渡報告に、載せ忘れちゃった「わんこ」と「にゃんこ」がいました!!

 ごめんなさい(>_<)

 

 ということで、12月の追加バージョンを作成しました\(^o^)/

 

 たろうは、2012年にわんぱーくに入所した古株のわんこです。

 引っ込み思案な性格のたろうには、この里親さんしかいない!と思うような里親さんと、奇跡のような出逢いをして、わんぱーくを卒業していきました。

 人と一緒にお布団にもぐる・・・シェルター時代のたろうからは想像もできません♡

 

 対照的に、にゃんこはミルクのみの状態でわんぱーくに入所して、2か月程度で卒業していきました。

 「いくお」と「こてつ」を二匹一緒に家族に迎えてくださった里親さんから、「まる」と「れお」になったかわいい写真が、先ほど届きました。

 一ヶ月でちょっとお兄ちゃんの顔つきにかわった気がします♡

 きっと「す~り~」くんもそうでしょうね。

 

 追加バージョンの背景は、この仔らで飾りました!!

 

 ※今後は、このような記載ミスのないよう注意してまいりますので、引き続き活動報告・譲渡報告をご覧いただけますよう、お願いいたします。

 

                                      記  三島 久美子

 

続きを読む

2018年

2月

02日

譲渡報告_2018年1月

 2018年初めての譲渡報告です。

 今年もよろしくお願いいたします。

 

 1月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は8匹でした。

 新しい年に新しい家族を迎えてくださった皆様、ありがとうございました!

  この仔らと楽しい家族の思い出をたくさんつくってください!!

 

 今月の背景は、シェルターのわんことボランティアさんとのふれあいの一コマを載せてみました。

 私たち、ボランティアスタッフがこのボランティアを始めたきっかけ、続けている理由は人それぞれですが、でも共通しているのは、不幸な仔を一匹でも救いたいという熱い想いと、犬猫だ~い好きという単純な気持ち♡

 

 毎日、笑いありハプニングあり、時には涙ありのお世話ですが、今年もどんな里親さんと出逢えるかを楽しみにして頑張っていこうと思います。

 

 まだまだ寒い日が続きそうですが、どうぞ譲渡会にお越しください。わんこにゃんこにほっこり暖かい気持ちにしてもらえますよ(^^)

 

                               記  三島 久美子

 

続きを読む

2017年

12月

28日

譲渡報告_2017年12月

 12月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「にゃんこ」は8匹でした。

 わんこには出逢いがなくて残念でしたが、仔猫たちにたくさんの出逢いがありました!

 

 年の瀬に新しい家族を迎えてくださった里親の皆様、ありがとうございました。

 きっと、この仔らを中心に笑い声の絶えない、楽しいお正月になることでしょう!(^^)!

 

 色々なイベントがある12月、譲渡された仔たちの元気な様子がたくさん送られてきました。里親さんへバトンタッチした仔が幸せになっているということが、私たちボランティアのエネルギーのもとです!

 これからも、楽しい様子をたくさん聞かせてください♪

 

 今月の背景は、シェルターのわんことにゃんこの代表者から、新しい年に向けての一言です!

 

  ♡わんこ代表はジェームズとこごめです。

      ふざけているわけではないのですが、やんちゃなものですみません(^-^;

 

  ♡にゃんこ代表はななよと大吉です。

      怒っているわけではないのですが、不愛想ですみません(-_-;)

 

 

 今年一年、わんぱーくを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 新しい年も、私たちは大切で愛おしい命を守る活動をコツコツ続けてまいります。

 引き続きよろしくお願いいたします。

                                記  三島 久美子

 

続きを読む

2017年

12月

22日

命の授業  in  可知小学校

 1220日、茶本代表が、可知小学校の6年生が10月から実施している「あの人に学ぶ」シリーズの6回目に招かれて、命の授業を行いました。

 この授業の目的は「お話を聞いてすごいなと思うことやまねしたいなと思うことを見つけよう」ということだそうです。

生徒たちがわんぱーくの話を聞いて、動物を愛護する気持ちから命の大切さ、ひいては人の命についても考えるきっかけとなってほしいという、先生方の想いを受け授業を行いました。

続きを読む

2017年

12月

01日

譲渡報告_2017年11月

 11月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は2匹、「にゃんこ」は1匹でした。

 ちょっと少なくて残念でした( ;∀;)

 寒い季節は、わんこやにゃんこのいる生活は最高ですよね。

 わんこはお散歩が必要なので運動不足解消!にゃんこはお昼寝のお供に最高!!

 

 私たちのもとへ来る仔は、何かしらつらいことや悲しことを経験している仔です。

 だから、どの仔にも幸せになってほしい!!そんな気持ちで未来の里親さんに代わって、大切に大切にお世話しています。

 

 今月の背景では、私たちのもとへ来て、こんなにも元気になりました!というわんことにゃんこを紹介します。

 

 にゃんこ「おんぷ」

before : 来た時には顎の骨が折れている状況で、満足にごはんをたべられなかったので痩せていて、部屋のすみっこに固まっておびえた表情をしていました。

after:今では、まんまるに肥え、この貫禄です!

 

 わんこ「さいとうさん」

before :ノラ犬生活の厳しさを感じさせるように、痩せてて皮膚病。我々に対しても「う~」とうなり声をあげるので、ちょっと怖い印象の仔でした。

after:毛並みはつやつや!筋肉もガッシリ!まるで別犬です。ぴょんぴょん飛び跳ねるようにうれしそうに遊ぶ姿がとても愛らしい仔になりました。

 

 

 たくさんのわんことにゃんこが、新しい家族との出逢いを待っています。

 是非譲渡会へお越しください。

                                記  三島久美子

 

続きを読む

2017年

12月

01日

岡山市動物愛護フェスティバルに参加しました

 平成29年11月26日(日)池田動物園にて行われるフェスティバルに今年も参加させていただきました。

 

 毎年沢山の家族連れの方々が開園前から列を作って開場を待つほどの人気のイベントです。

子供たちは「動物に触れたい」親御さんたちは「生き物と触れ合わせたい」という色々な思いがつまっている「物言わぬいのち」と向き合える貴重な時間ではないでしょうか。

 

 去年はシェルターで保護している犬・猫に「自分が飼い主になったつもり」で名前をつけてもらうという催しをしました。今年は「わんぱーく」で活動しているボランティアさんが原画を描いた「ぬりえ」を塗ってもらうという企画をしました。当日はとても寒かったのですが、終わってみると110名のお子さんたちが私たちのブースに集まって「ぬりえ」を楽しんでくださっていました。

 

 とても真剣に色を選んで塗っていくお子さんを長時間待たれた保護者の方、ブースに入れなくて仕方なく「ぬりえ」だけお渡しし、ご自宅で塗ってもらうことになったお子さんたち、私たちも予想を上回る盛況に嬉しいやら、申し訳ないやらでした。また機会がありましたら是非お立ち寄りいただけたらと思います。

 

 立ち止まっていただいた方々に、活動を紹介する会報紙や、冊子などをお配りした際

 お世話ボランティア・一時預かりに興味を示してくださる方や、岡山県での殺処分数を教えて欲しいといわれた方もいらっしゃり、保護犬・保護猫のことが広く周知されているんだなと実感しました。

 

 こういった活動を通して「これから犬・猫を飼う」という方、また飼っている方に終生飼養の大切さや動物を飼うということの責任の重さを広く知ってもらうことが出来たらと思った1日でした。                            記 小原 章江

 

    ※添付写真は、撮影時、お顔掲載の許可を頂いています。

続きを読む

2017年

11月

02日

岡山県動物愛護フェスティバルに参加しました

 平成29年10月29日(日)台風の影響もありましたが、岡山県動物愛護フェスティバルが開催されました!

 我々わんぱーくは、バザー品の販売で参加させていただきました。

 グラウンドの状態も悪く、お客さまが来てくださるのか不安もありましたが、毎年県外から来られるという方など、例年よりは少なかったですが沢山の方が来てくださいました!

 

 時折強い雨と風に見舞われましたが、わんぱーくの卒業犬が遊びに来てくれたことはとっても励みになりました(^^)


続きを読む

2017年

11月

01日

譲渡報告_2017年10月

 10月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は2匹、「にゃんこ」3匹でした。

 しかし、悲しいことがありました。子猫のたける君は譲渡が決まったにもかかわらず、すぐに難病を発症し、治療の甲斐なく虹の橋を渡りました。

 

 私たちのもとへ来る仔の過去は様々です。そして未来も・・・。

 優しい里親さんに引き取られて幸せになる仔がほとんどですが、わたしたちのもとで生涯を終える仔もいます。

 先日、わんぱーくの活動を始めた初期からここにいる”しんたろう”がシェルターで生涯を終えました。

 往診に来たお医者さんに言われました。「この仔は幸せだね。こんなにもたくさんの人に看病してもらって、心配してもらって、愛されて・・・」

 

 わんぱーくに来た仔の未来が幸せであるために、私たちができる活動を、これからも頑張っていきたいと思います。

 どうぞ、譲渡会へお越しください!!

 

 今月の背景は、しんたろうです。

                                記  三島久美子

 

続きを読む

2017年

10月

02日

譲渡報告_2017年9月

 9月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は6匹、「にゃんこ」1匹でした。

 わんこにたくさんの出逢いがありました!(^^)!

 9月は台風がありましたが、その日に開催した譲渡会にもに来てくださるご家族があり、本当にありがとうございました。

 

  今月はこれまでと趣向をかえて、わんぱーくのシェルターの仔たちの写真を背景にしてみました。

 左から「こごめ」「くわい」「パール」です!

 シェルターでお世話をする際に、ドックランで気の合う仔たちをフリーにして遊ばせます。じゃれあい走り回り、ボランティアさんに撫でてもらい・・・それぞれが好きに楽しむ時間です。

 この写真はちょっと遊び疲れて3匹が他の仔と離れて立ち止まった一瞬!パールがカメラ目線になった瞬間です!!(9/28撮影)

 これからも、元気で里親さんとの出逢いを待っている仔たちの様子をお伝えできたらと思っています(#^^#)

 

続きを読む

2017年

9月

10日

犬猫お世話ボランティア説明会

  93日(日)、岡山市南区の藤田公民館にて「犬猫お世話ボランティア説明会」を開催しました。

 参加者39名、スタッフ11名 総勢50名と予想をはるかに上回る大勢の参加となりました。

 

 まず茶本代表から、県内動物行政の現状・それを受けてのわんぱーくの活動内容などの話があり、「わんぱーく活動紹介DVD」を観てもらいました。

 次に、わんぱーくの運営理念や活動上の注意点などの説明と質疑応答がありました。

 その後、希望者をシェルターへ案内しシェルター案内の待ち時間で個別にお話も出来ました。(全員シェルター見学希望されました!)

 

 大規模な説明会開催は今回が初めての試みで参加者が集まるか不安な中で準備を進めてきましたが、定員を超えるほどの方に参加していただけました。

 参加者みなさん真剣に話を聞いてくださり、愛護活動に関心をもって行動しようと思われている方がこんなにもたくさん集まってくださったことを心強く、うれしく思いました!

 

 お世話ボランティア・預かりボランティアのお申し出もたくさんいただき、活動に参加していただいています。

 

 私たちは一人では活動することは難しいですが、「犬猫を取り巻く現状を何とかしたい」という想いでたくさんの仲間が集まり、それぞれが出来ることをすることで活動を続けています。

 生きている命を守る活動に休みはありません。

よ り多くの方が共に活動してくれることによって一頭々々より良い心身のケアができ、譲渡へと繋がっていきます。

 

「誰かがしてくれる」ではなく、「自身がすることによって一頭の命が救える」と思って活動を続けて欲しい

 

・・・これはボランティアを始める方に茶本代表がいつも伝えている言葉です。

 

 ボランティアは随時募集しているので一緒に活動してみようと思われた方はHPからお申し込みくださいね! 

                                小松 正子

続きを読む

2017年

9月

01日

譲渡報告_2017年8月

 8月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は、仲良く3匹ずつ、合わせて6匹でした。

 今年の8月は、例年以上に暑く感じましたが、そんな中、譲渡会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!!

 

  8月の背景は、真夏の海をイメージしました。

 家族の夏休みに、わんこを連れて海へ出掛けた里親のみなさんも多かったのではないでしょうか。

 初めての海にビビるわんこ!大はしゃぎするわんこ!日常とは違ったかわいい表情をたくさん見せてくれたことでしょう!(^^)!

 あの仔はきっとこんなふうにテンションあがるだろうな・・・とか、しっぽが見えなくなるほど怖がってお父さんに抱っこされるんだろうな・・・とか、想像するだけでも楽しくなります。

 そして、わんぱーくにいるわんこ達みんなにも海を見せてあげたい!海だけじゃなくて、広い世界を早くたくさん感じさせてあげたいと思ってしまいます。

 

 12歳になるうちのにゃんこは、お気に入りのスポットでだらーんと伸び切って寝て過ごし、暑い夏を乗り切りました(^.^)

続きを読む

2017年

7月

30日

譲渡報告_2017年7月

 7月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」合わせて8匹でした。

 暑いときに、譲渡会まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 とっても臆病なメイちゃんに里親さんが決まったことは、とてもうれしいことです!(^^)!

 「大丈夫だよ、大丈夫だよ、怖くないよ、メイちゃん大好きだよ!」と話しかけても、あっちにビクッ!!こっちにビクビク!!

 こういう仔に出逢うと、犬語や猫語が理解できるようになって「どうしてほしいの・・・」って、聞きたくなりますよね。

  

 7月の背景は、七夕をイメージしました。

 私たちボランティアの願いはひとつです。

  全ての不幸な動物がいなくなりますように・・・といった壮大な願いはさておき、私たちがお世話しているわんことにゃんこに、優しい家族との出逢いがありますように!

 そして、ご縁のあった里親の皆さまが、健やかな毎日を過ごされますように(^O^)/

 

 まだまだ暑い日が続きますが、お体ご自愛くださいませ。

 ボランティアの皆さんも、頑張りましょうね!!

 

続きを読む

2017年

7月

08日

2017年度 岡山県動物愛護センター見学

 わんぱーくでは毎年、一般の方及び、わんぱーくのボランティアさんを対象に、岡山県動物愛護センター(岡山市北区御津伊田)の見学会を開催しています。皆さんに県内の動物事情を実際に見て認識していただき、色々と考えていただく機会となればと企画しているものです。今年も6月25日(日)に実施し、ボランティアさんを含む約30名が参加しました。小中学生のお子さん連れのご家族も多く、子どもにも命の尊さを教えたいという親御さんが増えているように感じました。

 岡山県動物愛護センターは、動物の保護収容、管理、処分等を一元的に行なうとともに「人と動物が共存できる豊かな地域社会」の実現を目指し、各種啓発事業を行なっています。管轄は岡山市・倉敷市を除く県内全域。広大な敷地内には保護棟、管理棟、愛護館等、用途目的に応じた各種施設が整えられています。ふれあい飼育棟や、犬と戯れることができる広場、ドッグランも整備されている一方で、ここは県内唯一の処分場。岡山市保健所、倉敷市保健所で処分が確定した犬猫も送られてきます。どういう経緯で収容され、処分を目前にしているのか…無責任な人間の犠牲になっていることを痛感しながら、1匹でも多くの子たちをレスキューすることが私たちの使命だと思っています。


続きを読む

2018年

5月

16日

第3回 わんわん倶楽部を開催いたしました

 430日(月・振休)岡山県動物愛護センターで開催した「第3回 わんわん倶楽部」の様子についてご報告いたします。

続きを読む

2018年

5月

01日

百間川フェスティバル

 平成30年4月22日(日曜日)、岡山市中区東川原地内 百間川緑地ワイワイ広場で「第21回百間川ふれあいフェスティバル」が、青空のもと、開催されました。

 時折、風はあるものの夏の暑さを予感させる気温の中で、開催時間前からとても沢山のお客様でフェスティバルが始まりました。

 

 わたしたちNPO法人犬猫愛護会わんぱーくは、チャリティーバザーで参加しました。「せとうちライオンズクラブさん」のご厚意により毎年声を掛けて頂いています(いつもありがとうございます)。


続きを読む

2018年

5月

01日

譲渡報告_2018年4月

 4月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は10匹でした。

 仔犬にたくさんの出逢いがありました!

 やんちゃぶりに手を焼くことも多いでしょうが、日々の成長がたくさんの幸せを与えてくれることと思います。

 

  皆さまはゴールデンウイークどのようにお過ごしでしょうか。

 わんぱーくでは、30日に「わんわん倶楽部」を開催しました。たくさんの卒業わんこが里親さんと一緒に参加して、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 (この様子は、後日活動報告で詳しく報告させていただきます)

 

 今月の背景は、今まさに満開のつつじをバックに、この「わんわん倶楽部」で再会した"たろう”と"ようこ(現在名ムーコ)”を載せました。

 仔犬の場合は、その可愛さですぐに卒業していく仔が多いですが、この2匹は長い間シェルターで一緒に過ごしていた仲です。

 今では、それぞれの里親さんと一緒に幸せに暮らしている・・・そのことを報告しあって喜びあっているように見えました。

 人間の勝手な解釈なのでしょうが、その様子にちょっと泣きそうになってしまいました

(^_^;)

 

 譲渡会には、すべての成犬を連れていくことができませんが、情報提供を行っていますので、是非足をお運びください。

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

4月

02日

譲渡報告_2018年3月

 3月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は3匹でした。

 出逢いが少なかったことは残念ですが、新生活の始まる4月、新たな出逢いを求めて、是非譲渡会をのぞいてみてください!!

 

  今年は、桜の開花が早かったですね。お花見に連れて行ってもらったわんこの写真も送られてきています🌸

  

 今月の背景は、シェルターのにゃんこです。

 寒いときは、お布団の上で団子状態でいることが多いにゃんこ達ですが、ぽかぽかしてくるとこんなふうに日向ぼっこしています。

 外を眺めながらうとうとしていても、写真を撮ろうとするとカメラ目線になってくれます・・・単に警戒して睨まれているだけですけどね(-_-;)

 上から、おんぷ(2017.5月入所)・ひまわり(2016.7月入所)・大吉(2014.5月入所)です。

 君たちの赤い糸はどこで絡まっているんだろうね・・・

 でも、大丈夫!卒業するその日まで、しっかりお世話させていただきますよ♡

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

3月

26日

3月21日 同行避難講習会が開催されました

 もし今、お住まいの場所で大きな災害がおこり、家を離れて避難をしなければならないとして、一緒に暮らす犬や猫はどうしますか?

 2018321日(水・祝)、岡山市北区御津の岡山県動物愛護センター愛護館で、家族である犬、猫との避難について考える「同行避難講習会」が開催されました。

 当日はわんぱーくから巣立っていったワンちゃんたちの同窓会「わんわん倶楽部」も開催される予定でしたが、あいにくの降り続いた雨のため「わんわん倶楽部」は順延となってしまいました。

 それでも、その雨の中、この講習会に参加してくださった里親様もおられ、やはり大切な犬猫を家族に持つ方にとって関心の高いテーマなのだと思いました。

続きを読む

2018年

3月

02日

譲渡報告_2018年2月

 2月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は8匹でした。

 わんこにたくさんの出逢いがありました。

 

 仔犬仔猫にまじって、今月は「こごめ」に家族ができました\(^o^)/

 こごめは、2016年6月に3匹一緒にわんぱーくに来ました。8月と10月に他の2匹が卒業していく中、こごめにはなかなか出逢いがありませんでしたが、ようやく長かった赤い糸を手繰り寄せることができました。

 今月の背景は、この3匹がシェルターにいた時の写真です。(^^)

 

 一緒にシェルターで仲良く遊んでいた仔たちも、それぞれ新しい家族と出逢いバラバラになっていきますが、ボランティアさんが里親になった仔がシェルターに遊びに来ることがあります。

 ここで過ごした時間を、よい想い出として思い出してくれていたら嬉しいです♡

 

 里親さんとわんぱーくはこれからもよいご縁でつながっていけたらと願っています。そんな活動のひとつとして、2月は卒業にゃんこの同窓会を行いました。(様子は活動報告をご覧ください)

 3月はわんこの同窓会です。とても楽しみにしています!

 

                                記  三島 久美子

続きを読む

2018年

2月

26日

第三回わんぱーく同窓会「にゃんにゃん倶楽部」開催

  寒さが少し落ち着いた225日、今年もわんぱーく「卒業にゃんこ」の同窓会を開催しました。

 参加は里親さんが代理出席です!

 

 里親さんとボランティア合わせて20名を越える「ねこ好き」が集う中、最初に茶本代表から里親さんへの感謝の想いと殺処分の現状をお伝えし、更に、参加した9匹のにゃんこが里親さんに出逢うまでのエピソードをお話ししました。

 

 どの出逢いにも、ドラマと感動があります。

 

  なかなか里親さんが決まらなかった仔に、ひとめぼれで引き取りを即決された里親さん。

 

  過去にトライアルしたものの馴染めずに戻された仔が、会った瞬間からべったりな関係になる出逢い。

 

  いぬ派だったにも関わらず、障害を持った2匹を迎えてくれたお父さんお母さんとの出逢い。

 

 白血病、エイズ、多頭飼育の崩壊・・・

 

 話を聞きながら「不思議な縁」「赤い糸」を感じずにはいられませんでした。


続きを読む

2018年

2月

06日

譲渡報告_ごめんなさい!追加バージョン

 12月の譲渡報告に、載せ忘れちゃった「わんこ」と「にゃんこ」がいました!!

 ごめんなさい(>_<)

 

 ということで、12月の追加バージョンを作成しました\(^o^)/

 

 たろうは、2012年にわんぱーくに入所した古株のわんこです。

 引っ込み思案な性格のたろうには、この里親さんしかいない!と思うような里親さんと、奇跡のような出逢いをして、わんぱーくを卒業していきました。

 人と一緒にお布団にもぐる・・・シェルター時代のたろうからは想像もできません♡

 

 対照的に、にゃんこはミルクのみの状態でわんぱーくに入所して、2か月程度で卒業していきました。

 「いくお」と「こてつ」を二匹一緒に家族に迎えてくださった里親さんから、「まる」と「れお」になったかわいい写真が、先ほど届きました。

 一ヶ月でちょっとお兄ちゃんの顔つきにかわった気がします♡

 きっと「す~り~」くんもそうでしょうね。

 

 追加バージョンの背景は、この仔らで飾りました!!

 

 ※今後は、このような記載ミスのないよう注意してまいりますので、引き続き活動報告・譲渡報告をご覧いただけますよう、お願いいたします。

 

                                      記  三島 久美子

 

続きを読む

2018年

2月

02日

譲渡報告_2018年1月

 2018年初めての譲渡報告です。

 今年もよろしくお願いいたします。

 

 1月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は8匹でした。

 新しい年に新しい家族を迎えてくださった皆様、ありがとうございました!

  この仔らと楽しい家族の思い出をたくさんつくってください!!

 

 今月の背景は、シェルターのわんことボランティアさんとのふれあいの一コマを載せてみました。

 私たち、ボランティアスタッフがこのボランティアを始めたきっかけ、続けている理由は人それぞれですが、でも共通しているのは、不幸な仔を一匹でも救いたいという熱い想いと、犬猫だ~い好きという単純な気持ち♡

 

 毎日、笑いありハプニングあり、時には涙ありのお世話ですが、今年もどんな里親さんと出逢えるかを楽しみにして頑張っていこうと思います。

 

 まだまだ寒い日が続きそうですが、どうぞ譲渡会にお越しください。わんこにゃんこにほっこり暖かい気持ちにしてもらえますよ(^^)

 

                               記  三島 久美子

 

続きを読む

2017年

12月

28日

譲渡報告_2017年12月

 12月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「にゃんこ」は8匹でした。

 わんこには出逢いがなくて残念でしたが、仔猫たちにたくさんの出逢いがありました!

 

 年の瀬に新しい家族を迎えてくださった里親の皆様、ありがとうございました。

 きっと、この仔らを中心に笑い声の絶えない、楽しいお正月になることでしょう!(^^)!

 

 色々なイベントがある12月、譲渡された仔たちの元気な様子がたくさん送られてきました。里親さんへバトンタッチした仔が幸せになっているということが、私たちボランティアのエネルギーのもとです!

 これからも、楽しい様子をたくさん聞かせてください♪

 

 今月の背景は、シェルターのわんことにゃんこの代表者から、新しい年に向けての一言です!

 

  ♡わんこ代表はジェームズとこごめです。

      ふざけているわけではないのですが、やんちゃなものですみません(^-^;

 

  ♡にゃんこ代表はななよと大吉です。

      怒っているわけではないのですが、不愛想ですみません(-_-;)

 

 

 今年一年、わんぱーくを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 新しい年も、私たちは大切で愛おしい命を守る活動をコツコツ続けてまいります。

 引き続きよろしくお願いいたします。

                                記  三島 久美子

 

続きを読む

2017年

12月

22日

命の授業  in  可知小学校

 1220日、茶本代表が、可知小学校の6年生が10月から実施している「あの人に学ぶ」シリーズの6回目に招かれて、命の授業を行いました。

 この授業の目的は「お話を聞いてすごいなと思うことやまねしたいなと思うことを見つけよう」ということだそうです。

生徒たちがわんぱーくの話を聞いて、動物を愛護する気持ちから命の大切さ、ひいては人の命についても考えるきっかけとなってほしいという、先生方の想いを受け授業を行いました。

続きを読む

2017年

12月

01日

譲渡報告_2017年11月

 11月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は2匹、「にゃんこ」は1匹でした。

 ちょっと少なくて残念でした( ;∀;)

 寒い季節は、わんこやにゃんこのいる生活は最高ですよね。

 わんこはお散歩が必要なので運動不足解消!にゃんこはお昼寝のお供に最高!!

 

 私たちのもとへ来る仔は、何かしらつらいことや悲しことを経験している仔です。

 だから、どの仔にも幸せになってほしい!!そんな気持ちで未来の里親さんに代わって、大切に大切にお世話しています。

 

 今月の背景では、私たちのもとへ来て、こんなにも元気になりました!というわんことにゃんこを紹介します。

 

 にゃんこ「おんぷ」

before : 来た時には顎の骨が折れている状況で、満足にごはんをたべられなかったので痩せていて、部屋のすみっこに固まっておびえた表情をしていました。

after:今では、まんまるに肥え、この貫禄です!

 

 わんこ「さいとうさん」

before :ノラ犬生活の厳しさを感じさせるように、痩せてて皮膚病。我々に対しても「う~」とうなり声をあげるので、ちょっと怖い印象の仔でした。

after:毛並みはつやつや!筋肉もガッシリ!まるで別犬です。ぴょんぴょん飛び跳ねるようにうれしそうに遊ぶ姿がとても愛らしい仔になりました。

 

 

 たくさんのわんことにゃんこが、新しい家族との出逢いを待っています。

 是非譲渡会へお越しください。

                                記  三島久美子

 

続きを読む

2017年

12月

01日

岡山市動物愛護フェスティバルに参加しました

 平成29年11月26日(日)池田動物園にて行われるフェスティバルに今年も参加させていただきました。

 

 毎年沢山の家族連れの方々が開園前から列を作って開場を待つほどの人気のイベントです。

子供たちは「動物に触れたい」親御さんたちは「生き物と触れ合わせたい」という色々な思いがつまっている「物言わぬいのち」と向き合える貴重な時間ではないでしょうか。

 

 去年はシェルターで保護している犬・猫に「自分が飼い主になったつもり」で名前をつけてもらうという催しをしました。今年は「わんぱーく」で活動しているボランティアさんが原画を描いた「ぬりえ」を塗ってもらうという企画をしました。当日はとても寒かったのですが、終わってみると110名のお子さんたちが私たちのブースに集まって「ぬりえ」を楽しんでくださっていました。

 

 とても真剣に色を選んで塗っていくお子さんを長時間待たれた保護者の方、ブースに入れなくて仕方なく「ぬりえ」だけお渡しし、ご自宅で塗ってもらうことになったお子さんたち、私たちも予想を上回る盛況に嬉しいやら、申し訳ないやらでした。また機会がありましたら是非お立ち寄りいただけたらと思います。

 

 立ち止まっていただいた方々に、活動を紹介する会報紙や、冊子などをお配りした際

 お世話ボランティア・一時預かりに興味を示してくださる方や、岡山県での殺処分数を教えて欲しいといわれた方もいらっしゃり、保護犬・保護猫のことが広く周知されているんだなと実感しました。

 

 こういった活動を通して「これから犬・猫を飼う」という方、また飼っている方に終生飼養の大切さや動物を飼うということの責任の重さを広く知ってもらうことが出来たらと思った1日でした。                            記 小原 章江

 

    ※添付写真は、撮影時、お顔掲載の許可を頂いています。

続きを読む

2017年

11月

02日

岡山県動物愛護フェスティバルに参加しました

 平成29年10月29日(日)台風の影響もありましたが、岡山県動物愛護フェスティバルが開催されました!

 我々わんぱーくは、バザー品の販売で参加させていただきました。

 グラウンドの状態も悪く、お客さまが来てくださるのか不安もありましたが、毎年県外から来られるという方など、例年よりは少なかったですが沢山の方が来てくださいました!

 

 時折強い雨と風に見舞われましたが、わんぱーくの卒業犬が遊びに来てくれたことはとっても励みになりました(^^)


続きを読む

2017年

11月

01日

譲渡報告_2017年10月

 10月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は2匹、「にゃんこ」3匹でした。

 しかし、悲しいことがありました。子猫のたける君は譲渡が決まったにもかかわらず、すぐに難病を発症し、治療の甲斐なく虹の橋を渡りました。

 

 私たちのもとへ来る仔の過去は様々です。そして未来も・・・。

 優しい里親さんに引き取られて幸せになる仔がほとんどですが、わたしたちのもとで生涯を終える仔もいます。

 先日、わんぱーくの活動を始めた初期からここにいる”しんたろう”がシェルターで生涯を終えました。

 往診に来たお医者さんに言われました。「この仔は幸せだね。こんなにもたくさんの人に看病してもらって、心配してもらって、愛されて・・・」

 

 わんぱーくに来た仔の未来が幸せであるために、私たちができる活動を、これからも頑張っていきたいと思います。

 どうぞ、譲渡会へお越しください!!

 

 今月の背景は、しんたろうです。

                                記  三島久美子

 

続きを読む

2017年

10月

02日

譲渡報告_2017年9月

 9月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」は6匹、「にゃんこ」1匹でした。

 わんこにたくさんの出逢いがありました!(^^)!

 9月は台風がありましたが、その日に開催した譲渡会にもに来てくださるご家族があり、本当にありがとうございました。

 

  今月はこれまでと趣向をかえて、わんぱーくのシェルターの仔たちの写真を背景にしてみました。

 左から「こごめ」「くわい」「パール」です!

 シェルターでお世話をする際に、ドックランで気の合う仔たちをフリーにして遊ばせます。じゃれあい走り回り、ボランティアさんに撫でてもらい・・・それぞれが好きに楽しむ時間です。

 この写真はちょっと遊び疲れて3匹が他の仔と離れて立ち止まった一瞬!パールがカメラ目線になった瞬間です!!(9/28撮影)

 これからも、元気で里親さんとの出逢いを待っている仔たちの様子をお伝えできたらと思っています(#^^#)

 

続きを読む

2017年

9月

10日

犬猫お世話ボランティア説明会

  93日(日)、岡山市南区の藤田公民館にて「犬猫お世話ボランティア説明会」を開催しました。

 参加者39名、スタッフ11名 総勢50名と予想をはるかに上回る大勢の参加となりました。

 

 まず茶本代表から、県内動物行政の現状・それを受けてのわんぱーくの活動内容などの話があり、「わんぱーく活動紹介DVD」を観てもらいました。

 次に、わんぱーくの運営理念や活動上の注意点などの説明と質疑応答がありました。

 その後、希望者をシェルターへ案内しシェルター案内の待ち時間で個別にお話も出来ました。(全員シェルター見学希望されました!)

 

 大規模な説明会開催は今回が初めての試みで参加者が集まるか不安な中で準備を進めてきましたが、定員を超えるほどの方に参加していただけました。

 参加者みなさん真剣に話を聞いてくださり、愛護活動に関心をもって行動しようと思われている方がこんなにもたくさん集まってくださったことを心強く、うれしく思いました!

 

 お世話ボランティア・預かりボランティアのお申し出もたくさんいただき、活動に参加していただいています。

 

 私たちは一人では活動することは難しいですが、「犬猫を取り巻く現状を何とかしたい」という想いでたくさんの仲間が集まり、それぞれが出来ることをすることで活動を続けています。

 生きている命を守る活動に休みはありません。

よ り多くの方が共に活動してくれることによって一頭々々より良い心身のケアができ、譲渡へと繋がっていきます。

 

「誰かがしてくれる」ではなく、「自身がすることによって一頭の命が救える」と思って活動を続けて欲しい

 

・・・これはボランティアを始める方に茶本代表がいつも伝えている言葉です。

 

 ボランティアは随時募集しているので一緒に活動してみようと思われた方はHPからお申し込みくださいね! 

                                小松 正子

続きを読む

2017年

9月

01日

譲渡報告_2017年8月

 8月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」は、仲良く3匹ずつ、合わせて6匹でした。

 今年の8月は、例年以上に暑く感じましたが、そんな中、譲渡会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!!

 

  8月の背景は、真夏の海をイメージしました。

 家族の夏休みに、わんこを連れて海へ出掛けた里親のみなさんも多かったのではないでしょうか。

 初めての海にビビるわんこ!大はしゃぎするわんこ!日常とは違ったかわいい表情をたくさん見せてくれたことでしょう!(^^)!

 あの仔はきっとこんなふうにテンションあがるだろうな・・・とか、しっぽが見えなくなるほど怖がってお父さんに抱っこされるんだろうな・・・とか、想像するだけでも楽しくなります。

 そして、わんぱーくにいるわんこ達みんなにも海を見せてあげたい!海だけじゃなくて、広い世界を早くたくさん感じさせてあげたいと思ってしまいます。

 

 12歳になるうちのにゃんこは、お気に入りのスポットでだらーんと伸び切って寝て過ごし、暑い夏を乗り切りました(^.^)

続きを読む

2017年

7月

30日

譲渡報告_2017年7月

 7月に、わんぱーくから里親さんへ譲渡された「わんこ」「にゃんこ」合わせて8匹でした。

 暑いときに、譲渡会まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 とっても臆病なメイちゃんに里親さんが決まったことは、とてもうれしいことです!(^^)!

 「大丈夫だよ、大丈夫だよ、怖くないよ、メイちゃん大好きだよ!」と話しかけても、あっちにビクッ!!こっちにビクビク!!

 こういう仔に出逢うと、犬語や猫語が理解できるようになって「どうしてほしいの・・・」って、聞きたくなりますよね。

  

 7月の背景は、七夕をイメージしました。

 私たちボランティアの願いはひとつです。

  全ての不幸な動物がいなくなりますように・・・といった壮大な願いはさておき、私たちがお世話しているわんことにゃんこに、優しい家族との出逢いがありますように!

 そして、ご縁のあった里親の皆さまが、健やかな毎日を過ごされますように(^O^)/

 

 まだまだ暑い日が続きますが、お体ご自愛くださいませ。

 ボランティアの皆さんも、頑張りましょうね!!

 

続きを読む

2017年

7月

08日

2017年度 岡山県動物愛護センター見学

 わんぱーくでは毎年、一般の方及び、わんぱーくのボランティアさんを対象に、岡山県動物愛護センター(岡山市北区御津伊田)の見学会を開催しています。皆さんに県内の動物事情を実際に見て認識していただき、色々と考えていただく機会となればと企画しているものです。今年も6月25日(日)に実施し、ボランティアさんを含む約30名が参加しました。小中学生のお子さん連れのご家族も多く、子どもにも命の尊さを教えたいという親御さんが増えているように感じました。

 岡山県動物愛護センターは、動物の保護収容、管理、処分等を一元的に行なうとともに「人と動物が共存できる豊かな地域社会」の実現を目指し、各種啓発事業を行なっています。管轄は岡山市・倉敷市を除く県内全域。広大な敷地内には保護棟、管理棟、愛護館等、用途目的に応じた各種施設が整えられています。ふれあい飼育棟や、犬と戯れることができる広場、ドッグランも整備されている一方で、ここは県内唯一の処分場。岡山市保健所、倉敷市保健所で処分が確定した犬猫も送られてきます。どういう経緯で収容され、処分を目前にしているのか…無責任な人間の犠牲になっていることを痛感しながら、1匹でも多くの子たちをレスキューすることが私たちの使命だと思っています。


続きを読む

犬猫お世話ボラさん急募中

急募チラシ・告知よろしくお願いいたします
ボランティア募集5.jpg
JPEGファイル 982.2 KB

岡山県動物愛護センター

見学会