岡山市動物愛護フェスティバルに参加しました

 平成29年11月26日(日)池田動物園にて行われるフェスティバルに今年も参加させていただきました。

 

 毎年沢山の家族連れの方々が開園前から列を作って開場を待つほどの人気のイベントです。

子供たちは「動物に触れたい」親御さんたちは「生き物と触れ合わせたい」という色々な思いがつまっている「物言わぬいのち」と向き合える貴重な時間ではないでしょうか。

 

 去年はシェルターで保護している犬・猫に「自分が飼い主になったつもり」で名前をつけてもらうという催しをしました。今年は「わんぱーく」で活動しているボランティアさんが原画を描いた「ぬりえ」を塗ってもらうという企画をしました。当日はとても寒かったのですが、終わってみると110名のお子さんたちが私たちのブースに集まって「ぬりえ」を楽しんでくださっていました。

 

 とても真剣に色を選んで塗っていくお子さんを長時間待たれた保護者の方、ブースに入れなくて仕方なく「ぬりえ」だけお渡しし、ご自宅で塗ってもらうことになったお子さんたち、私たちも予想を上回る盛況に嬉しいやら、申し訳ないやらでした。また機会がありましたら是非お立ち寄りいただけたらと思います。

 

 立ち止まっていただいた方々に、活動を紹介する会報紙や、冊子などをお配りした際

 お世話ボランティア・一時預かりに興味を示してくださる方や、岡山県での殺処分数を教えて欲しいといわれた方もいらっしゃり、保護犬・保護猫のことが広く周知されているんだなと実感しました。

 

 こういった活動を通して「これから犬・猫を飼う」という方、また飼っている方に終生飼養の大切さや動物を飼うということの責任の重さを広く知ってもらうことが出来たらと思った1日でした。                            記 小原 章江

 

    ※添付写真は、撮影時、お顔掲載の許可を頂いています。



犬猫お世話ボラさん急募中

急募チラシ・告知よろしくお願いいたします
ボランティア募集5.jpg
JPEGファイル 982.2 KB

岡山県動物愛護センター

見学会